鳥栖市の幼稚園、あさひ幼稚園のホームページです。

子育て支援のあさひ幼稚園

ECEQ 公開保育開催!

2019.10.25

 10/25(金)は「ECEQ公開保育」が実施されました。午前中は鳥栖・三神地区の園の先生方が子どもたちの様子、保育の様子を参観されました。午後より、あさひ幼稚園の職員と他園の先生方で意見交換や、あさひ幼稚園の良さや課題について話し合いました。他園の先生方からは、あさひ幼稚園の取り組みや先生方の良い所をたくさん教えて頂きました。そして、子どもたちがよりよく成長していく為のお土産☆彡(課題)も頂きましたよ!

 

 私達職員は、この公開保育を開催するにあたり、保育の振り返りや、園が掲げている「子どもが輝く」為には、どのような環境設定や保育者の関わりが大切なのだろうかと日々、保育をPDÇA(計画・実践・反省・再実践)してきました。その中で、子どもたちの興味や思いに寄り添って保育をすること、子どもたちが意欲的に遊べるように環境設定をする大切さを改めて感じました。

 今後も公開保育で学んだことを糧に、職員一同、好奇心を持って様々なことにチャレンジしていく子どもたちの成長を支えていきたいと思います。

 

年長さんの室内遊び♪

2019.10.18

 室内の自由遊びでたくさん遊んだ年長さん♪ 空き箱・紙コップ・筒・牛乳パックなど様々な素材を使いながら製作をしていました。「このコップとストロー合わせたら電話ができる!」「空き箱にひもを付けたらバッグになった!」と数ある素材からどれが使えるかを自分なりに考えて作る姿が見られました。コップとストローの電話は糸電話と同じように実際に声が聞こえてきたり、バッグはままごとのお出かけに使ったりと遊びに取り入れて広がっていましたよ。また、最近はビー玉転がしもお気に入りで、牛乳パックをコの字型にしたものやペットボトルを半分に切ったものを道にして作っていました。何度もビー玉を転がしてみて「ここから落ちたから、この道を繋げたら先に繋がるんじゃない?」「最後は穴に落ちるようにしてそれをゴールにしようよ!」と試行錯誤したり自分の考えを友達と伝え合ったりしていました。自分達が思った所にビー玉が転がりゴールに入ると、友達と喜び合い、達成感を感じているようでした。

秋まつり

2019.10.11

日常の出来事行事ごと

 いつもとは全然違う幼稚園の雰囲気に、胸をワクワクさせて登園していた子どもたち。今日は、皆が楽しみにしていた秋まつりでした。
 それぞれの部屋にボーリングや迷路、室内アスレチック等があり、その部屋を回りながら保護者や友達と楽しんでいました。
 迷路の部屋では、壁についていたハロウィンの飾りを見て「おばけがいる~!」と驚いたり、段ボールで出来たトンネルを「よいしょ、よいしょ」とくぐり抜けたり、「あれ?またここに戻ってきた!」と迷い続けたりしていて、見ている方も楽しめました。繰り返し楽しんでいた子は、通る道をマスターし、「そこは行き止まりだよ」「こっちっこっち!」とお友達や保護者に教えてあげていましたよ!
 全部の部屋を回り終えた子は園長先生からご褒美のお菓子をもらって「お菓子もらったよ!」と担任に見せに来たり、「全部楽しかったね~」と友達同士で話したりと大満足な様子でした☆

見てみて!落ち葉のシャワーを浴びたよ!

2019.10.02

元気いっぱい伸び伸びと外遊びを楽しんでいる子ども達。最近では、木の実や落ち葉など秋の自然物に親しむ姿がみられます。集めた落ち葉を上に投げ、落ち葉のシャワーを楽しんだり、落ち葉をロウソクに見立ててケーキ作りをしたりして秋の自然物を使った遊びを楽しんでいる子ども達です。また、園庭を散歩していると、コスモスが!ある男の子が「これ何?」と聞くと、「この花、コスモスっていうんだよ。」と別の子が教えてあげていました。その後、「このまるいの何?!〇〇くん見てみて!」とコスモスのつぼみを発見しました。担任が″コスモスのつぼみ″ということを伝えると、「へ~?!このまるいの開くと?!」と興味津々な様子でした。図鑑を見て、会話を楽しみながら、観察していました。これから秋の草花や虫などを見つけたり、観察したり、秋の自然物を使ったあそびが広がっていきそうです(^∇^)☆

トップへ