鳥栖市の幼稚園、あさひ幼稚園のホームページです。

子育て支援のあさひ幼稚園

蕾組(2歳児)若干名募集します!

2018.08.31

行事ごと

夏休みも終わり、いよいよ2学期が始まります(^^) 8/28~8/30は夏季保育があり、久しぶりに子どもたちが登園しました。久しぶりの幼稚園でちょっぴりドキドキしている子、夏季保育を楽しみにしていた子など様々でしたが、遊びの中でたくさんの子どもたちの笑顔が見られ、職員一同安心しました。

画像は2歳児クラス(蕾組)の様子です。若干名ですが、後期募集を行います。詳細はこのホームページの入園案内のページを御覧ください。またお尋ねになりたいこと等ありましたら、あさひ幼稚園までお問い合わせ下さい。  あさひ幼稚園TEL (0942-82-6255)

              

 

お楽しみ保育♪

2018.07.25

日常の出来事

 20日(金)の夕方、年長組さんは、数日前から心待ちにしていたお楽しみ保育がありました。

 お友達に会うとワクワクを抑えきれず、教室の中をウロウロしながら話が弾んでいました(*^_^*)

 お楽しみ保育の活動は、栽培物の収穫(オクラ)、クッキング、遊び(リレー・ドッジボール)、夕食、夕涼み会、花火大会をしました!どの活動中も子ども達がキラキラ輝いていて、すべてをお伝えしたいのですが3つ抜粋して紹介します!

 クッキング♪では、まずお米を研ぎました。初めての経験だった子は、ザルの中のお米に恐る恐る手を近づけ(ちゃんとお米洗えているかな?(笑)というぐらい)そーっと、優しく混ぜていました。お手伝いの経験がある子は、いつもしているんだね!と、わかるぐらいの見事な手さばき!みんなお母さんがしているのをよく見ているのが伝わってきました(^-^)次に、お家の人と選んできた夏野菜と、園長先生から始業式の時にもらった秘密の種を育てて実ったオクラを包丁で切りました。野菜は自分で選んで来たものだから愛着が湧いて、自分の切る順番がくるまで大事に抱えていました。野菜を切ったら、台所へ「お願いします」と、持って行き先生達にカレーにしてもらいました!

 夕食♪では、6月に作った梅シロップをジュースにし、「1学期お疲れ様でしたー!」と、乾杯しました!ピーマン、なす、トマトなどが入った夏野菜たっぷりのカレーは、子ども達の口に合うかなぁ・・・と少し心配でしたが、やっぱり自分達で作ったカレーは一味違ったようです。お代わりする子が続出!職員同士で「すごい!〇〇くんが初めてカレー食べたよ!」「〇〇ちゃんお野菜食べれたね!」と、盛り上がっていると、子ども達も「何ー?」と、興味を持ち、苦手なものもモリモリ食べているお友達に拍手をし、一緒に喜んでいました(*^_^*)

 最後のお楽しみは花火♪「夜になるのがこわいよ~」という子もいましたが、ミュージックに合わせ、花火師(先生)6人で、手持ち花火や打ち上げ花火をあげ大盛り上がり!恋ダンスの曲に合わせ先生達が踊りながら花火をすると「この曲大好きー!」と、子ども達も歌って手拍子をしてノリノリ!会場が一体化していました!先生達の花火パフォーマンスに終始ニッコニコの子どもたちでした(*^_^*)

 お楽しみ保育での子ども達の笑顔は、はんぱなかったです!帰り際、子ども達の口からは先生達に「今日はありがとー!」「楽しかったー!」という言葉が自然と溢れていました。

 無事に最後まで終え、沢山の事を経験し、楽しみ、準備から当日まで自分達で一つの物を作り上げ、みんなでステキな思い出を作ることができました。

 送迎をして頂いた保護者の皆様、ご協力ありがとうございました。

 あさひ幼稚園のお友達、楽しい夏休みをお過ごしください。

楽しかった1学期 終業式!

2018.07.20

行事ごと

今日は1学期終業式!園長先生からのお話では、子ども達へ3つのお花のプレゼントをしてもらいました(^^)1つ目のお花は「挨拶が上手にできました✿」2つ目のお花は「砂場・プール・虫取り等たくさん遊べました✿」3つ目のお花は「こんなことがあったよ。あのねっとお話をいっぱいすることができました✿」そして4つ目のお花のプレゼントは年長さんだけにプレゼントしてもらいました(^^)4つ目のお花は「小さいお友達の世話や、みんなが遊んだ後の片付けや、トイレのスリッパを並べたりみんなの役に立つことをたくさんしてくれました✿」「入園直後は泣いていた年少さんも今ではニコニコ笑顔で園生活を過ごせるようになりました(^^)年長さんはこの1学期間でとってもお兄さんお姉さんらしく成長しました。」と褒めてもらいました。そして明日からの夏休み熱中症に気をつけて過ごしましょうね。2学期また会えるのを楽しみにしています。

弓削田健介さんコンサート♪

2018.07.13

行事ごと

 7/13に弓削田健介さんをお招きし「いのちと夢」をテーマにしたコンサートを開催しました。弓削田さんは、全国を旅しながら年間150~200回のコンサートを開く放浪の合唱作曲家です。ホスピス、富士山、等そこで出会った人々の映像を見ながら弓削田さんの歌を聴きました♪ 

 弓削田さんが、子ども達のよく知っている童謡「たなばたさま・海・ちゅうりっぷ」を歌い出すと、子ども達も一緒に口ずさんでいました(^^)弓削田さんの優しい歌声につられ子ども達も優しくきれいな声で歌っていたのが印象的でした(^^)

 弓削田さんが「自分の名前・それはお父さんお母さんが一生懸命考えてつけてくれた大切な名前なんだよ。」「命はお父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃん、そのまたおじいちゃんおばあちゃんとつながっているんだよ。」と「いのちのまつり」という絵本をめくりながら弾き語りをしてくれました。弓削田さんの歌と言葉から、子ども達に自分の名前や命の大切さが伝わったようでした。

 コンサート後、ホールから退場している子どもで泣いている子がいて、職員が「どうした?喧嘩した?」と心配していると「感動したんだよ(;_;)」と!年中さんにも年長さんにも目に涙をためている子どもがいて、子ども達に弓削田さんの優しく温かい歌声が心に響いたのだなと感動しました(^^)

 

感受性の豊かな幼児期の子ども達に、素敵な弓削田さんの歌声のプレゼントができたなと嬉しく感じたコンサートでした♪

七夕笹飾り 子ども達の願いを託して☆彡

2018.07.06

行事ごと

7月7日七夕の日が近づいてきました☆彡 無数の星が瞬く天の川を渡り、1年に1度だけ会う事が許された織姫と彦星。日に日に高く伸びる竹は神様がくる時の目印。短冊を飾っておくと、神様が見て叶えてくれるそうです。

「プリキュアになりないな。」「仮面ライダーになりたいな。」「ケーキ屋さんになりたいです。」「消防士になりたいです。」短冊には子ども達の夢と希望がいっぱい詰まっています(^^)

 各学年ごとに年齢に応じた七夕飾りをひとつひとつ作って、お家の方に書いてもらった願い事の短冊と共に各部屋の入り口に飾っています。

 さてさて7月7日織姫と彦星は会うことができるでしょうか☺ 雨が降った時には二人が会えなくなるのではなく、織姫と彦星が会えた嬉し涙なんだそうです(^^) 

明日7/3(火)は台風接近の為、休園です。

2018.07.02

行事ごと

明日7/3(火)は台風接近の為休園です。子育て支援受付は7/4以降にお願いします。ご了承下さい。

本日、大雨の為休園です。子育て支援お申込みは7/2(月)以降にお願いします。

2018.06.29

行事ごと

本日は大雨の為、休園です。子育て支援申込み予約は、7/2(月)以降にお願いします。ご了承下さい。

念願のプールに入れたよ(^^)

2018.06.26

行事ごと

6/11にプール開きを予定していたのですが、雨が降り続いたり、気温が上がらなかったりで、なかなかプールに入ることができませんでした(;_;) 6/26(火)は久しぶりの晴天で、子ども達は念願のプールにやっと入ることができました(^^) 水の中を歩いたり、ワニさん歩きで進んだり、バタ足をしたり・・・思う存分、水の感触を味わっていました♪ この日は園いっぱいに子ども達の歓声が響き渡っていました(^^)

子ども達のキラキラした素敵な表情に、保育者も笑顔をもらえる1日でした♪

水遊びからの発展!

2018.06.26

行事ごと

朝、気温が上がらずプールに入れなかった日も、昼からお日様が微笑みだしたら、水遊びの時間(^^)。 水着に着替えて洗剤の空き容器の水鉄砲を持って園庭に一目散に駆け出します!最初は水鉄砲でお友達や先生に水をかけて遊んでいた子ども達ですが、次第に園庭に水たまりができて、地面がドロドロになっていくと・・・そこからは水鉄砲は放り投げ、園庭に寝転がったりドロドロの土の感触を楽しんだり・・・あらあら泥エステを受けているお友達もいますね(^^) セルフ泥パックをしているお友達もいます。

思いきり泥まみれになって、ダイナミックに遊んで五感で感じる経験がたくさんできるあさひ幼稚園です(^^)

観劇会

2018.06.22

行事ごと

今日は劇団さんぽの方々に来て頂き、観劇会がありました。今回のお話は、『ミレドーさんちのこびとたち』です。朝、保育者が「今日は劇があるよ」と伝えると、「何の話かな?」とワクワクした表情を浮かべていました。始まる前、ホールに入った時からセットに興味津々な子ども達。劇が始まると、身を乗り出すようにして観ていました。ミレドーさんのおうちは大繁盛の楽器屋さん!ピアノやトランペット、チェロなど様々な楽器が売られています。子ども達は出てくる楽器の名前を聞かれると、元気よく答えていました。また、途中で出てくる楽器のお手入れをする小人がお気に入りのようで、小人が出でくると嬉しそうに観ていて、「また小人さん出てくるかな?」と楽しみな様子でした。子ども達もお話の世界に入り込んでいて、ミレドーさんが、昔からある大切な太鼓が売れずに捨てようとする場面では、「捨てちゃだめー!!」と一生懸命ミレドーさんに伝えていました。夜中に小人たちがこっそり楽器のお手入れをしていることで、楽器がピカピカになり売れていたことに気付いたミレドーさん。太鼓は捨てることなく、楽器屋さんで大切に取っておくことにしました。部屋に戻っても、ミレドーさんや小人の話をしていた子ども達(^^)心に残る観劇会になったようです。

トップへ